多賀町がんばる商店応援補助事業

投稿日:2011年6月19日 | まだコメントはありません…

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 多賀町がんばる商店応援補助事業
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
多賀町がんばる商店応援補助事業協同組合 多賀門前町共栄会

多賀町の広報などですでにご存じの方もおられると思いますが、協同組合 多賀門前町共栄会も対象の、積極的な補助事業であることから、組合員のみなさんにもぜひ取り組んでいただきたくご案内いたします。

以下広報たが2011年6月号から引用

がんばる商店応援補助事業

産業環境課(商業観光)(有)2-2012 (電)48-8118 shokan@town.taga.lg.jp

多賀町がんばる商店応援補助事業

多賀町では、活力と特色にあふれる地域づくりのため、町内のがんばる商店の魅力ある店づくり、活性化への支援をおこないます。

事業所の本拠が本町内にあり、かつ、個人の場合はその本人が、法人、団体などの場合はその代表者が多賀町民である者または多賀門前町共栄会に属しているもので、補助対象産業をおこなう個人、法人、団体などで町長が適当と認める者。補助対象者になろうとする者は、あらかじめ事業計画を町長に提出し、承認を得る必要があります。

店舗と道路の間の中間領域に、お客を引き付ける三種の神器を整備する事業。

「三種の神器」とは…あいさつの装置(植物、花鉢など)、迎客の装置(のれん、ベンチ、テーブル、いす、パラソル、照明、行灯など)、集客の装置(看板、手書きメニュー、商品サンプル、商品など)をいう。

店舗のしつらいを、地元産材を使用し、魅力あふれるものに新装または改装する事業

「店のしつらい」とは…店舗の入口の構え(入口側の外装および中間領域の舗装を含む)、店内の内装、商品棚、飾り付けなどをいう。

補助対象産業をおこなうため新規開業することをいう(フランチャイズ方式の場合を除く)。

ただし、この場合においての店舗は、別に定める基準を満たしたものでなければなりません。

「新規開業」とは…補助対象となる産業をおこなうため、新たに開業、業態変更または新規分野に進出することをいう。

いずれの事業についても審査があり、承認を得る必要があります。

また必要に応じて事業計画に対して見直しや変更をお願いする場合があります。

6月15日(水)~

小売業、飲食店(風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する風俗営業を除く。)、持ち帰り・配達飲食サービス業、宿泊業、洗濯業、理容業、美容業、一般公衆浴場業、衣類裁縫修理業、写真現像・焼付業、自動車整備業、機械等修理業

1.三種の神器整備事業

補助対象経費■事業を行う経費(需用費のうち消耗品費、備品購入費)

補助率および補助額■2分の1以内とし、10万円を限度とする。

2.店のしつらい魅力向上事業

補助対象経費■事業を行う経費(需用費のうち消耗品費および修繕料、委託料、工事請負費、備品購入費(照明以外の電化製品を除く。))

補助率および補助額■3分の1以内とし、100万円を限度とする。

3.新規開業事業

補助対象経費■事業を行う経費(需用費のうち消耗品費および修繕料、委託料、使用料および賃借料(店舗部分の建物および店舗に附属する備品に限る)工事請負費、備品購入費(居住に要する部分、倉庫部分等の店舗以外の部分を除く。))

補助率および補助額■2分の1以内とし、300万円を限度とする。

※補助額に1,000円未満の額が生じた場合には、これを切り捨てるものとする。

関連するかもしれない投稿

    関連する記事はないようです……

よろしければコメントをどうぞ!

コメントを記入する





  • メタ情報

  • 最近のコメント

    • AD